FC2ブログ
顎関節症も鍼で治る!
- 2007/08/26(Sun) -
福岡市 F子 32才
私は歯科医をしています。毎日、長時間の仕事をしているうちに、肩がとても凝ってきました。インターネットで呉先生のホームページを見て、母を連れて治療に行きました。
部屋に入ると、七台のベットが患者さんでいっぱいで、床にも四人寝ています。難しい病気の患者さんばかりですが、皆、鍼が終わったらニコニコ笑って和やかな雰囲気でした。ベットが空いてから、母と治療を受けました。

1回目の治療で肩こりが少し軽くなったような気がしました。母も少し軽くなったようでした。2回目は仕事の関係で、診療時間の過ぎた12時半頃、呉先生の所へ行きました。その時、東京から来た人や、バレエの先生など、まだ四人ほどの患者さんが残っていました。その中の患者さんに九州大学を卒業して大学に勤めている先生がいました。

この方の話によると、約5年前に口があまり開かず、顎関節症と診断されて2年半くらい、いろいろな病院で治療を受けてもなかなか治らなかったそうです。お粥しか入らない毎日が続いていた時に、永平寺の座禅会の和尚さんから呉先生を紹介されました。3回で完全に治り、この方の奥さんもメニエル病が3回で治っています。
 
私も顎を開けると、ずいぶん音が出るので先生に治療をお願いしました。鍼を1回すると音は出なくなり、口はスムーズに開閉できて、とてもびっくりしました。鍼は耳の前に1本だけです。私も呉先生から、この治療法を習いました。

顎関節症は歯科の中でもとても難しい病気で、私たち歯科医も困っています。これは患者さんにはとてもいいニュースだと思います。今後は呉先生から麻酔に対してアレルギー体質のある患者さんのために中国鍼麻酔を習おうと思っています。
                         2007年 8月16日
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鍼で痛みも静脈瘤も消えました。
- 2007/08/26(Sun) -
福岡市 妙子 63才
私は1年前、膝が痛くて、このままでは車椅子の生活になるのではと不安に思っていました。大阪に住んでいる子どもがとても心配してくれて、インターネットで中国鍼灸院を探してくれました。そこで早速、私は呉先生の治療を受けに行くことにしました。

3日で、膝の痛みは完全になくなり、それと同時に長年患っていた静脈瘤も一緒に消えました。とても嬉しかったです。
今でも1週間に2回位、先生の鍼を受けに行くのですが、知らないうちに目が前より大きくなっていたことを主人から言われて、これも嬉しいことでした。

今では主人も姉夫婦も先生の治療に来ています。姉は長年の脊椎狭窄症で手術をするように言われたそうですが、鍼を受けると痛みが少しずつ軽くなりました。
私も少しでも若くなるために、今でも鍼治療に行っています。
                        2007年 8月17日
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |