FC2ブログ
「道徳経」5章
- 2008/12/21(Sun) -
「道徳経」5章
解説:呉炳宇
天地不仁、以萬物爲芻狗。聖人不仁、以百姓爲芻狗。
天地之間、其猶橐籥乎。虚而不屈、動而愈出。
多言數窮、不如守中。

天地は不仁(感情がなし)、万物を自然に任せる。
聖人は不仁(好きも嫌いもなく)、人を自由にさせる。
天と地の間は、橐籥(風皮袋:ふいご)のように、虚(少)なくしても屈(無く)ならず。動けば、さらに出てくる。
多言は数窮(言葉が足らず)になり、中(平衡)を守れば、うまく行く事もある。
「是以聖人,處無爲之事,行不言之教」聖人は無為の状態で万事を処理し、不言の教えを行なう(背中で教える)。

ゆったりと、自然に任せて、自由に生きればいいのだと思う。道に従って生きれば自然とうまくいくのではないだろうか。
私たちは、あれこれ考え過ぎてかえって、知恵はなく、言葉多く声高に論争しても、問題は解決できないでいる。私たちは、黙々と、腹を決めて、自分の足でどんと立っているしかない。そうして、在るものを上手に使って工夫して、楽しく節約出来れば、何とか今をしのげるのではないだろうか…
我有三寶:持而保之。一曰、慈。二曰、儉。三曰、不敢爲天下先。
慈故能勇。儉故能廣。不敢爲天下先。故能成器長。
今舎慈且勇。舎儉且廣。舎後且先。死矣。
老子に三宝有り。一つは慈(良い心)、二つは倹(節約)、三つは不敢爲天下先(実力以上の事はしない)。
慈から勇が出てくる、倹から出来る事が増える。実力以上の事はしないから長く続く。
今(金融危機)は、慈をやめて勇だけ。倹をやめて贅沢に成った。実力以上の事はばかりする。死(失敗)になるわけだ。
この記事のURL | 道徳経 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |