FC2ブログ
氣功密傳(1
- 2009/04/17(Fri) -
気功1
2009年04月13日 | Weblog「中国鍼灸院」さんでの会話。
 
ワシ: 「先生、わたしの赤壁の漢詩どうでした?」
呉先生: 「よかった。ちゃんと韻も踏んでるヨ」
ワシ: 「曹操ってすごい詩人だったんでしょ?」
呉先生: 「曹操もすごいし、息子もすごかった」
ワシ: 「曹否と曹植ですね」
呉先生: 「あの時代では一番すごいヨ」
ワシ: 「へー」
呉先生: 「曹操は”氣功”もやってたヨ」
ワシ: 「”氣功”ですか」
呉先生: 「そう。今日から”氣功”の奥義について少しづつ教えるヨ」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「まずこの詩を読んで」
 
氣功密傳(1)
 
呉 炳宇
 
両吸一呼、
不満除元氣足。
如湯暁雪、
冰化凝消病出。
 
呉先生: 「”両吸一呼”というのは、呼吸する時に二回吸って一回はくこと」
ワシ: 「スー、スー、ハー」
呉先生: 「そう。そうすれば不平不満が除かれて、元気が入ってくるネ」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「”如湯暁雪”というのは、雪にお湯をかけた時のようにということ。どうなる?」
ワシ: 「とけます」
呉先生: 「”冰化凝消病出”というのは、とけてなくなるように病が出ていってしまうということ」
ワシ: 「なるほど」
呉先生: 「嫌なことがあった時にはこれをやる。二回吸って一回はく。そうすればまた元気になる」
ワシ: 「はい」

スー、スー、ハー・・・か。幸い今のところ会いたくない人もいないし今の生活に不満もないけど、時々やってみよう。スー、スー、ハー、スー、スー、ハー。
 
「こころ」
 
楽しくも 苦しくするも おのが身を
いざなふものは 心なりけり
 
この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |