FC2ブログ
”気”を戴いて
- 2009/05/27(Wed) -
先生、今日はありがとうございました。
この2~3日重かった身体が、とても楽になりました。
 
 中国鍼灸院のホームページを見て、この先生の所に行ってみよう!と 思って通い始めました。
右肩から、腕への痛みが酷く眠れない事もしばしばでした。動かさなくても走る痛みに疲れていました。
今では痛みはほとんど無いようになりました。”気”を戴いて「体と心が変わってきたようだ」と感じています。
 これからもよろしくお願い致します。うまく書き表せませんが、感謝しております。  
hiro
この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「新芽」
- 2009/05/19(Tue) -
今週のスタートは「中国鍼灸院」さんで鍼をうってから。今日も詩を2首頂いた。
 
「新芽」
 
呉 炳宇
 
君看枯葉、(君枯葉をみる)
微風徐落、(微風徐に落とす)
新芽又生、(新芽また生きる)
緑緑青青、(緑緑青青)
失之勿追、(これ失いても追うなかれ)
追之難回、(これ追いても回し難し)
窮追不捨、(窮し追いて捨てざるは)
存者也没、(あるものも没す)
恋人物事、(人物事を恋うるは)
亦復如是、(またかくのごとし)
惜今重縁、(今を惜しみて縁を重ねれば)
喜慶双全。(全て喜びとなる)
 
枯葉を見ると
微風が徐々に落としている
そしてまた新しい芽が出てくる
また緑になる また青になる
失ったものを追ってはいけない
追っても戻ってはこない
追い続けてあきらめないなら
今持っているものまで失う
人や物事を恋することも
これと同じ
今を惜しんで縁を重ねれば
全ては喜びになる
 
(訳:えしぇ蔵)
 
呉先生は笹の葉が枯れて落ちるのを見てこの詩を作ったそうな。ご自分でも気に入っておられるとのこと。確かにこれはいい。わかりやすくて奥が深い。これ呉先生に書にしてもらおうかな。飾っておきたい詩や。
 
氣功密傳(2)
 
呉 炳宇
 
両呼一吸、
息正気帰臍。
風巻残雪、
星馳月行斗不移。
 
ワシ: 「先生、これの意味は?」
呉先生: 「両呼一吸は2回はいて1回吸うこと」
ワシ: 「ハーハー、スー」
呉先生: 「そう。前回と逆ネ。1回吸う時は強く吸う。ハーハー、スー!」
ワシ: 「ハーハー、スー!」
呉先生: 「2回はくとからっぽになるから次の1回を強くすうと息が身体の奥のほうまで届くネ」
ワシ: 「なるほど」
呉先生: 「息正気帰臍。強くすった息はへそに届くヨ」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「風巻残雪。風が雪を吹き飛ばすのと同じ。へそに届いた息は悪いもの吹き飛ばすヨ」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「星馳月行斗不移。星や月は動いても北斗星は真ん中で動かないネ。へそは人間の中心にあって動かないネ。へそを北斗星に例えてるネ」
ワシ: 「なーるほど!」
 
ハーハー、スー!
 
 
「コスモ不動産」さんにお邪魔した後、筑紫野市の物件を見に行ったがそこでうっかりしてリカちゃんの左前輪を脱輪させてしまった。車体が傾いてなんともお手上げ状態。通りすがりのおっちゃんも「こりゃジャッキで上げてなんかを挟んでせんとダメばい」と言っていた。あ~こりゃ困ったなと思ってるところへ山登りに行くおばちゃんが来て、「向こうの公園に男の人がいっぱいおるけん呼んで来ましょうか?」と言うと返事する間もなくすぐに呼びに行ってくれた。そしてラグビー選手のようなごっつい兄ちゃんを5人ぐらい連れてきてくれて、その人たちが抱えてくれてあっさりと脱出成功。関係各位に鄭重に御礼言上してその場を後にした。ありがたいなぁ。一人で解決できないことも何人か集まれば解決する。思わず学ばされたな。今日受けた恩をどこか別の機会に別の人に返して、それがまわりまわってあの人たちのなんらかの恵みにつながればいいなと思う。
 
「優しさ」
 
名も知らぬ 人より受けし 優しさに
かへすすべなく 見送る背中
 
この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「無災」
- 2009/05/05(Tue) -
2009年05月04日 | Weblog連休中に裏庭の草取りをしておこうと昨日3時間半も頑張ったらさすがに今日は腰が痛い。なのでお出かけ前にまずは「中国鍼灸院」さんへ。呉先生に鍼をうってもらうと腰の痛みがあれ?っと思うくらい楽になるから不思議だ。
今日は詩を2首頂いた。
 
「自知」
 
呉 炳宇
 
随遇而安和為貴、(遇うに随へば安らかに和を貴しと為す)
自知者明真英雄。(自らをよく知る者は真の英雄なり)
欲大力小業必敗、(欲大きくして力小さきものの業は必ず敗れる)
過貪古今誰善終。(貪に過ぎて古今に誰が善く終わらんか)
 
どんな境遇においても心安らかにし、和を大事にする
自分のことをよく知る者が真の英雄である
欲が深くて力のない者のすることは必ず失敗する
欲張りな者がいい結末を迎えたことなどない
 
(訳:えしぇ蔵)
 
いいすねぇ。要はどんな状況においても常に心安らかに保ち、自分の力量を知った上で行動することだな。
 
 
「無災」
 
呉 炳宇
 
不羨人有、(人有するものを羨まざれば)
無災高手。(災い高手に無くす)
常想己有、(己の有するものを常に想へば)
安心長久。(心安らかに長久なり)
 
人のものを羨んだりしなければ
災いをうまく防ぐごとができる
自分の持っているものに感謝すれば
心はずっと安らかに保てる
 
(訳:えしぇ蔵)
 
今すでに満たされていることに感謝することを忘れて、もっと欲しがるのが人間の性だな。食べていければいいと思っていたのに実際にそうなるともうちょっと余裕が欲しくなる。余裕が出てくるともう一つ上のランクの生活がしたくなる。そしてさらに上、さらに上・・・。現状に感謝しつつ生きていきたいもんだな。
 
 
腰が治ったところで本日の目的地、小石原へ。連休といえば民陶祭。霧雨の降る中を傘さしてぶらぶらと見て歩いた。ワシは秘かに焼酎を飲むのにいいカップを探していた。ん~これもイマイチ、これもちょっと・・・と物色していると横にいた姫に、「焼酎飲むのを探しよろう?」と言われ、冷や汗たらり・・・なんでわかるとかいな?おそろしーやつだ。
お昼は山菜料理の店「惣助」でワシはとろろめし、姫はだご汁定食。これがうまいんだな。田舎料理っていうのは本当に身体が喜ぶもんだ。しみじみうまかった。
姫は小さいグラタン皿など数枚、ワシは焼酎用のカップをゲットして小石原を後にした。今回は飯塚経由で行ったが、以外に近いので驚いた。これからはこのコースで行くとしよう。
 
夜はキムチチゲ。早速買ってきたカップで焼酎を飲んでいい気分。あ~これからはこれがワシの友達や。
 
「小石原」
 
霧雨の 小石原 これまた一興
 
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |