FC2ブログ
胆石が消えた
- 2009/08/30(Sun) -
福岡市 50歳 会社員 有村

お医者さんが「胆嚢が腫れて、石がありますよ。手術しないと危ないです」とおっしゃいました。
私はすぐに呉先生の中国鍼灸院へ行きました。鍼をすると痛みがなくなりました。
三日後、病院で検査をすると石が消え、腫れもなくなっていました。
一週間後の検査でも正常でした。
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
作家
- 2009/08/18(Tue) -

2009年08月17日 | Weblog「中国鍼灸院」さんでの会話。


呉先生: 「小説書いてる?」
ワシ: 「はい。今度のは賞に応募します」
呉先生: 「うん。いつか必ず賞はとれる。慌てない」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「もしとれなくても、相手が見る目がないと思えばいいじゃない」
ワシ: 「ほんとですね(笑)」
呉先生: 「本当にいいものが賞をとるとは限らないし、本当にいいものが売れるとは限らない」
ワシ: 「そうですね」
呉先生: 「今はとにかく書くこと」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「歌が上手な人はいつも歌ってる。武術が優れている人はいつも練習してる。えしぇ蔵も暇があったら書く。ちょっとづつでも書く。思いついたらどこでもすぐメモする。あとでそれを集めると、いいものができるヨ」

ワシ: 「はい」

半端な作家のアドバイスよりもよっぽど参考になる。
 
今日より仕事再開。3社まわった。帰りに本屋へ。姫が「なんでー?ねーなんでー?」と歴史のことをよく質問してくるのでちゃんと知識を整理しておこうと思い、わかりやすくまとめたものを買って来た。とりあえずは第二次世界大戦について。ふふん。どっからでもかかってこいってんだ。
 
「夢」
 
夢追ひて せめて悔いなき 日を重ね
いまはの際に 笑いたきかな
 
この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
老化防止
- 2009/08/11(Tue) -
お手玉
2009年08月10日 | Weblog「中国鍼灸院」さんで治療してもらってる時にご婦人の患者さんが来られた。


呉先生: 「この人、えしぇ蔵ヨ」
患者さん: 「あー!この方ですか!いつも見させて頂いてます」
ワシ: 「ありがとうございます」
呉先生: 「この人はね、お手玉でね、日本でも5本の指に入る人ヨ」
ワシ: 「え!そうなんですか?すごいですね!」
患者さん: 「うそですよ(笑)。そんなにすごくないです」
ワシ: 「何個まで出来るんですか?」
患者さん: 「できるとはっきり言えるのは4個までです。ジャグラーの人たちは8個とかする人もいますけどね」
ワシ: 「へー!すごいですね。おふくろがよくやってましたよ」
患者さん: 「私はですね、『福岡お手玉の会』ていうのに入ってるんですよ」
ワシ: 「へー」
患者さん: 「お手玉はですね、老化防止とかの効果もあるんですよ。私たちはお手玉でするゲームを考えたりして、お手玉を見直してもらうための活動をしよるとです」
呉先生: 「すごいでしょ?」
ワシ: 「すごいすねー!おもしろいですねー!ホームページ見てみますね」
患者さん: 「ありがとうございます」

「福岡お手玉の会」 http://fukutamakaiweb.web.infoseek.co.jp/
 
非常に興味深いことが書いてあった。ゲームばかりする子どもの脳は痴呆者の脳とよく似ているそうな。そしてお手玉をさせることで効果があったそうな。昔の人がやってた遊びってなにかしら身体のためになってたりするんだよな。やっぱり受け継がれてきたものっていうのはそうされるだけの理由があるのだから、ワシらも次へと伝えないといかんよな。この五十年ほどで、長年受け継がれてきたものがどれくらい消えていっただろう?実に惜しい話だ。
 
「お手玉」
 
遠き日に 母に習いし お手玉の
あずきの音や 耳に残れり
 
この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「Time」
- 2009/08/05(Wed) -
「Time」
 
呉 炳宇
 
生命皆有限、(生命皆限りあり、)
時間定存亡。(時間存亡を定める。)
善用分秒者、(分秒を善く用いる者、)
不息君自強。(君子自強してやまず。)
 
生命には皆限りがあり、
時間が存亡をきめる。
分秒を上手に使う者は、
自らを強くしてやむことがない。
 
最後の部分は「易経」の「天行健 君子以自強不息」からとられたそうな。
漢詩の世界を海に例えればワシは浜辺で遊んでいるだけだが、それでも面白いと思う。もうちょい沖まで行ってみたくなるね。
 
今日は帰りに久しぶりに「あい書林」さんに寄った。この店の品揃えだけはワシを和ませてくれる。本物が山ほどある。見ているだけで嬉しくなってくる。
 
「詩の海」
 
詩の海の 汀(みぎわ)で遊ぶ 四十路かな
 

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |