FC2ブログ
「夢」
- 2010/06/29(Tue) -
例によって今日も「中国鍼灸院」の呉先生に漢詩を頂いたが、今回はなんと英語訳と博多弁訳まで呉先生自ら作って下さった。ワシなにもすることないし。

「静心園」呉炳宇
赤蟹横幽径、(赤蟹幽径を横にいき)
緑蛙枝上眠。(緑蛙枝上に眠る)
梅熟醸新酒、(梅熟して新酒を醸し)
竹動清風園。(竹動きて園に清風あり)

[The garden where the heart becomes peaceful]

The crab goes by the path,
The frog is sleeping on the branch.
Golden wine is distilled with a plum.
When the bamboo moved, the wind also came to the garden.

(以下、呉先生的博多弁訳)

赤か蟹が静かな小道ば横に行きよる
緑ん蛙は枝の上で眠っとる
梅がよう熟れたけん 新しか酒ば作ったばい
竹が動いて澄み切った風も園に来よるばい


実に素晴らしい。


「夢」
 
意にそわぬ ことどもあまた くりかへす
いつか果たさん 夢にすがりて
 

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「静心園」
- 2010/06/23(Wed) -
「静心園」呉炳宇
赤蟹横幽徑、(赤蟹は幽徑で横に行く)
緑蛙枝上眠。(緑蛙は枝上に眠っている)
梅熟醸新酒、(梅熟して新酒を醸し)
竹動清風園。(竹動くと清風も園に来た)

[The garden where the heart becomes peaceful]
Crab goes by the path,
The frog is sleeping on the branch.
Golden wine is distilled with a plum.
When the bamboo moved, the wind also came to the garden.


博多弁訳:
赤か蟹が静かな小道ば横に行きよる。
緑ん蛙は枝の上で眠っとる。
梅がよう熟れたけん、新か酒ば作ったばい。
竹が動いて澄み切った風も園に来よる。


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
リウマチの痛みがなくなりました
- 2010/06/17(Thu) -
リウマチの痛みがなくなりました
福岡市 山本 60代 主婦
六年前からリウマチで薬を飲んでいましたが、飲んでも痛みがなかなかとれません。
業を煮やし、違う病院に行くと、足にギプスをされました。 ギプスを取ったら足の筋肉が痩せていました。
思うように動かなくなり、手も痛くなり ました。
しばらくして知り合いから呉先生の評判を聞き、行くことにしました。
鍼をしていただいたら症状が軽くなり、2年くらいすると完全に痛みがなくなってしまいました。
手の変形は鍼をしてから、進行が止まっています。
毎日、痛みで苦しんだ日々が嘘のように消えました。
中国鍼灸院を知って本当に助かりました。
教えてくれた知人と呉先生には大変感謝しています
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「茶経」
- 2010/06/16(Wed) -
「中国鍼灸院」さんで、呉先生に「陸羽」という人について教わった。陸羽という人は中国のお茶の世界において神様のような存在で、お茶の知識をまとめた「茶経」という書物はその世界の聖書とされているらしい。
その陸羽の誕生には一つの伝説がある。競陵龍盖寺の智積禅師がある日お経を読んでいると六羽の白鷺が飛んで来た。その六羽は智積禅師を誘うように飛び去ったので後を追いかけると川の渕に赤ちゃんが捨ててあった。それが陸羽だった。六羽の白鷺が教えたことから名前を陸羽(六羽)とつけた・・・という話。その後、智積禅師は陸羽を跡継ぎにしようと仏教の教えを授けるが、儒教に強くひかれていた陸羽はやがて寺を飛び出し、様々な経験をへてお茶のエキスパートとして名を馳せるにいたる・・・。

陸羽誕生の逸話をテーマに呉先生が詩を作られた。

「茶経」呉炳宇
六羽白鷺鳴寺、(六羽の白鷺寺に鳴き、)
引僧低飛川旁。(僧を引きて低く飛ぶ川の旁。)
拾得神嬰陸羽、(新嬰陸羽を拾得し、)
茶経源遠流長。(茶経源は遠く流れは長し。)

(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)

六羽の白鷺が寺で鳴いてくさ
和尚さんば引っ張っていくごと川の近くまで低く飛んだげな
そこで神様の子どもの陸羽ば拾ったげな
茶経の教えは奥がふかーくてね、歴史はながーいと。


「茶」

源を たどれば長き 中国の
浪漫は香る 銘茶一服
 
この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「ユダヤ人と華人」
- 2010/06/15(Tue) -
「ユダヤ人と華人」"Jews and Chinese"

「世界のお金はアメリカへ流れているが、最後にはユダヤ人の手に入り、
智慧は中国の頭に入る」と言われているそうだ。
これを聞いて少しびっくりした。
中国人は人々と同じ利益の中から自己の利益を求める。
私はユダヤ人の事を良く知らないが、
ユダヤ人はユダヤ人だけの利益を求めていると聞いた。
これは本当のことだろうか。

"A Jew and a Chinese"
Although the gold in the world is flowing to the United States of America, finally it goes into Jews' hand.
Wisdom is said that it goes into the Chinese head. Even if it is surprised, while it is for a while!
The Chinese is asking for his profits among people's same profits.
I do not know Jews' thing well.
What Jews were asking only for their profits was heard.
True?
(Dr.Wu bing yu)


人说:‘世界的钱流向美国,最后进入犹太人口袋里,智慧却进入华人脑袋里。
我知华人求同存异,但不知犹太人求异不求同是真假?
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「太極拳」
- 2010/06/10(Thu) -
If you follow the people, the way will also become smooth.
If you follow the self, a traffic congestion will continue.

Dr.Wu bing yu)

人に従うと道もスム-ズになるし、
自己に従うと渋滞が続く…

順人則活、従己則滞。
この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「話の芸術」Art of the talk
- 2010/06/09(Wed) -
「話の芸術」Art of the talk
If a vegetable root is dug, although it will die,
The talk will be stopped if a question is heard to a bottom.
(Dr.Wu bing yu)
植物の根を掘ると死ぬように、底まで疑問を聞くと話はお終り。

酒逢知己千杯少、(理解して来れば、酒も旨くなる。)
话不投机半句多。(嫌な疑問ばかりされると気分まで悪くなる。)
この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2010/06/07(Mon) -

2010年06月07日 | Weblog月曜日の朝は「中国鍼灸院」さん。
 
ワシ: 「作家になれますかねぇ・・・」
呉先生: 「絶対になれる。信じることが大事」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「”大器晩成”って言うじゃない?大きな才能ほど実るのに時間かかるヨ」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「70歳、80歳で成功してもいいじゃない」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「慌てないでいいの。とにかくやめないこと。やめたら全て終わってしまうネ」
ワシ: 「そうですね」

そうだ。下手くそでもやり続けること。あきらめないこと。


「霧」呉炳宇

霧濃山羞色、(霧濃くして山は色羞しく)
水響川隠形。(水は響けど川形を隠す)
人生多迷路、(人生迷路多けれど)
疑散心自明。(疑いを散ずれば心自ずと明るし)

(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)

霧が濃くて山の色はよぉ見えん
水の音はしてん川はどこかわからん
そげな感じで人生は迷うことが多いばってん
疑わんとけば自然と心は明るうなると

「霧」
 
霧をかきわけ山目指す
水の響きで川探す
明らかならざる人の道
ただ疑わず歩むのみ
 
この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
lost time
- 2010/06/06(Sun) -
I value the time that remained not to worry about the lost time.
(Dr、Wu bing yu)


私はなくなった時間を悩まず、残った時間を楽しく大切に過ごします。

不為失去而嘆息、要為幸存而高興。


呉炳宇
この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
下痢
- 2010/06/02(Wed) -
福岡市 主婦 40代 礼子
5月中旬から下痢が 1日に5~6回ほど出るようになり、外出もできませんでした。 病院に行き、薬を服用しましたが治りません。 そして、下痢がひどくなると困るので、食事も思うようにできなくなりました。5日くらいすると体がだるくなり、このままではいけないと思いました。

インターネットでいろいろ検索して、中国鍼灸院があることを知りました。初めて鍼を体験することに…。
思ったより痛くなくて、鍼すると下痢がすっかり止まり、3回で正常になりました。

もっと早くこの治療院を知っていればよかったなあと思いました。
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |