FC2ブログ
「猛暑」
- 2010/08/24(Tue) -
旅行疲れの残る身体を「中国鍼灸院」の呉先生の鍼で治療。今日の先生作の詩はこれ。

「猛暑」呉炳宇

蝉声稠処枝葉茂、(蝉の声集る処枝葉茂り、)
猛暑樹陰有涼風。(猛暑の樹陰に涼風有り。)
前進一歩若無路、(一歩前進してもし路無くば、)
退後半歩新道生。(半歩後ろに退けば新道生まれる。)

なるほどね。要するにがむしゃらに前に進んでもし行き詰ったら、半歩下がって周りを見れば突破口は見つかるということだな。時には後ろにさがることも大事。


今日は「ひわき医院」さんのパソコントラブルで緊急出動。3時間も先生と二人こうでもない、ああでもないといろいろ試してようやく問題クリア。でもこれで明日からの仕事に問題ないということで一安心。えらい感謝された。深刻なトラブルを解決できた後の達成感はたまらない。これが唯一この仕事の醍醐味。

「医者の気持ち」

パソコンの トラブル治して 感謝され
わずかにわかる 医者の気持ちか

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Mail
- 2010/08/22(Sun) -
呉 先生
前略 暑い日が続きますかお元気でしょうか?
その節は大変お世話になりました。
治療費の方、大変お遅くなりすみませんでした。
お体に気をつけてください。

体調の方もだいぶん落ち着きました。
ありがどうございました。

熊本県 仁美より


仁 美さん
メ-ルをありがとうございました。
治療費を受け取りました。
 体調の方もだいぶん落ち着きましたね。
嬉しくおもっています。
どうぞ お大事に

呉 炳宇  2010年8月22日
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いいこと習ったな!
- 2010/08/03(Tue) -
今日もまた暑い。今年は容赦ないな。だがまぁ夏らしいといえば夏らしい。

今朝は「中国鍼灸院」の呉先生に、「50%の力でことにあたる」ということを習った。
100%の力を出すと不測の事態に対応できない。
未来の不確定要素を常に考慮に入れて、何事も50%の余力を残して取り組むという考え方。
体力にも精神状態にも常に余力を残しておけば、予想外のことにも落ち着いて対応できるというわけだ。
実に理にかなっている。
つまりはこうも言えるな。頑張りすぎるということは頑張らないことに一致すると。
頑張り過ぎて疲れ果てて頑張れなくなれば全く意味がない。
陰が極まれば陽に変じ、陽が極まれば陰に変ずだ。いいこと習ったな。


 
「あさくらの夏」
 
猛暑なり あさくらの野は 夢の中
 
この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |