FC2ブログ
「寂 寞」
- 2010/10/11(Mon) -
「寂 寞」呉炳宇
寂寞人々遅早有、(寂しさは人には遅かれ早かれ訪れるが)
養精蓄鋭識真我。(もし、その時になったら精を養い、力を備えて本当の自分を正しく認識でき
            るだろうか。)
愚人怨天孤独死、(愚かな人は怨みから孤独で死んでいくが)
智者隋遇愉快活。(賢い人は新しい出会いを楽しみ、愉快に生きていく。)

若能鍼刺神門穴、(もし、鍼を神門というツボに刺すと)
心寛郁去遠閻魔。(心は広くなり、憂鬱な気持ちは消え去り閻魔様まで去っていく。)
膻中妙用更順氣、(膻中というツボを上手に使えば、気は更に順調に流れ)
血化下行除汚濁。(血液はサラサラになって、汚れは消えていく。)

神門穴は心経の原穴である、主治心病。
膻中穴は氣の会穴である、主治気病。

【博多弁的解釈】
寂しさは人には遅かれ早かれ来るとばってん
もし、そん時になったら
精を養い力ば備えてほんもんの自分ば正しゅう認識できるっちゃろうか?
愚かな人は怨みながら死んでいくばってん
賢こか人は新しか出会いば楽しみながら生きていくとよ。
もし、鍼ば神門っちゅうツボに刺したら、心は広うなって
憂鬱か気分は消えていって閻魔様まで去っていくと。
膻中っちゅうツボば上手につこうたら、気は更によう流れ
血液はサラサラになって汚れは消えていくと。



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |