FC2ブログ
天災人禍
- 2011/03/29(Tue) -
2011年03月28日 | Weblog
右肩の痛みがまたひどくなった。あんまりひどいので今日は「中国鍼灸院」さんで鍼治療。毎度のことだが不思議と痛みが減る。だいぶ楽になった。
毎日通うとすぐ治るんだろうけどなぁ。
 
「天災人禍」
 
呉炳宇

不測天災自然去、(不測の天災は自然に去り、)
可知人禍接踵来。(知る可き人の禍は踵につき来たる。)
国民冷静愕世界、(国民の冷静世界を驚かし、)
臨危有序迎未来。(危に臨みて序有るは未来を迎える。)
 
(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)
 
天災はいつ来るかわからんばってん、自然に去っていくばい。
人が作った禍は予知できるばってん、ずーっとついて来るばい。
国民が冷静にしとるとは外国ばびっくりさせたばい。
えらい目におうた時もちゃんと秩序があったら、またよか未来が来ると。



呉先生: 「スキーしたことある?」
ワシ: 「ありますよ」
呉先生: 「上手ですか?」
ワシ: 「いいえ(笑)」
呉先生: 「ゆっくり滑るくらい?」
ワシ: 「そうですね」
呉先生: 「わたしこう考えた。人生はスキーとおなじネ」
ワシ: 「スキーと?」
呉先生: 「そう。共通点があるよ。まず後を見たり足元を見たりすると転ぶヨ」
ワシ: 「なるほど」
呉先生: 「いつも先を見てないとだめネ。どっちに行くかとか、あのこぶをどうするかとか」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「それから力を抜いて楽にしてないとだめネ。力入れると転ぶよ」
ワシ: 「なるほどね」
呉先生: 「それから常に低い姿勢でいないとだめ。胸はってると転ぶヨ」
ワシ: 「いつも腰を低くね」
呉先生: 「そう。威張ったりしてると転ぶネ。常に低い姿勢で」


さすが先生。うまいこと言うもんだ。人生それスキーのごとしか。
 
呉先生のところを出て春日に向っている時に・・・えーい!またやっちまった。また国家権力に寄付してしまった。いかんなぁ。ピブちゃんになってから乗り心地がよくてスピードを出しすぎてることに気付かないからだろうな。リカちゃんは振動もあるし音もうるさいから大したスピードじゃなくてもえらくとばしてるような気がして減速したりしてたからな。いやぁいかんいかん。反省。
 
「先を見て」
 
先を見て 力をぬいて 腰低く
さだめの坂を 滑りきるかな
 

この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |