FC2ブログ
ストレス病よ、さようなら!
- 2011/05/07(Sat) -
半年前からお腹が痛くて、下痢と便秘を繰り返して
いつもお腹がゴロゴロ鳴っていました。
そのうち治るだろうと安易に考えていたら、とうとう便に血と粘液みたいなものが
付いてくるようになり、びっくりして慌てて大腸科で診てもらいました。
ガンかもしれない… 心配しながら待合室で待っていたのですが
検査の結果は「過敏性腸症候群」という聞きなれない病名でした。

調べてみるとストレスなどが引き金となる自律神経失調が原因だとか。
確かに、育児、家事、仕事で忙しく、たくさんストレスを抱えており
動悸さえ感じていました。
薬を飲まないといけませんが、授乳中なので薬はなるべく飲みたくありません。
友人にその話をしたら、東区に呉先生という名医がいると聞いて来院しました。

初めて行ったとき、他の患者さんが針を受けたまま
治療ベットでぐっすり寝ている様子が印象的でした。
私も針を刺されたまま、どのくらい寝たでしょうか。
自分のいびきで目が覚めたほど、爆睡していました。
こんなに疲れが溜まっていたんだなあ…
毎日、このくらい熟睡できると身体にはいいんでしょうね。

その後は簡単にできる太極拳みたいな体操を教えていただきました。
これは、今でも思い出してはしています。
何でも良い方へ考えて、身体を適度に動かすことが病気を治す早道。
多くの病気は考え方から起こるんだということを教わりました。

お陰さまで、今では薬を飲まないでもいいようになりました。
現代はいろいろなストレス病が多いですが、先生から教わったことを実行すれば
多くの病気は予防できるんじゃないかと思います。

まだまだ、病気にならないという自信は持てていませんが
もし、なっても名医がいるから安心しています。                 

春日市 浜野 団体職員 32歳 
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |