FC2ブログ
扁桃腺が腫れ!
- 2011/09/22(Thu) -
糸島市 46歳 男性 公務員


盲腸の手術をしてから年に4~5回は風邪をひくようになり、よく喉が腫れるようになりましたが、大して気にしていませんでした。
3年前から喉に白いものが付いていたので、耳鼻科に行くと「慢性扁桃腺炎」といわれ、それからは高熱が出て喉が腫れるたびに受診して抗生物質を飲んでいました。

耳鼻科の先生から呼吸が苦しくなったり、食べ物が入らなくなるくらいに扁桃腺が腫れたら手術を受けた方がいいので、あと少し様子をみましょうといわれました。
熱が出るたびに扁桃腺が腫れ、徐々に扁桃腺がいつも腫れている状態になり、白い塊が張り付いていて、息が臭いのが気になってきました。
手術をするのも時間の問題だな…と思えるようになりました。

でも、扁桃腺を取った知人の話を聞いたら、取っても熱が出るし完全に治らないようです。
免疫力のためには取らない方がいいという考えがあることも知りました。
そういえば、いつも体がだるく、疲れやすくなっているのも体の抵抗力が落ちているせいだと思えました。
手術をしないで根本的に治せないものかと考えるようになりました。

そのような頃にこちらのホームページを知りました。
電話で予約して行くと、大丈夫ですよ!と明るく言われ、しばらく通ってみることにしました。
週2回のペースで通ってみようと思いましたが、3回ほどで喉が軽くなり、白いものが消えていました。

5回ほどで、あんなに腫れていた扁桃腺の腫れが引き、びっくりしました!
現在では高熱も出なくなり、自己治癒力が高まり体質が変わったと思います。

自己治癒力を高めたい方にはお薦めできる治療院です。
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「十五夜」
- 2011/09/12(Mon) -
2011年09月12日 | Weblog
  今日は「中国鍼灸院」さんへ。最近は忙しくて前ほど頻繁に行けなくなった。
 
「十五夜」

呉炳宇

仲秋佳節月又圓、(仲秋佳節月また圓し)
海外遊子心思還。(海外の遊子心に還るを思う)
夕陽西下朝日起、(夕陽西に下り朝日は起きる)
鯉魚化龍得真傳。(鯉魚龍と化すは真傳を得る)

(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)

仲秋のよか季節に月はまん丸になっとるばい
遠いとこ行ったもんも月見たら家に帰りとうなろうばい
夕陽は西に沈んで朝日は昇ってくさ
鯉が龍になるげな伝説はほんなこつかもしれんばい
 
先生によればこの詩にはいろんな意味を含ませたそうな。「夕陽西下朝日起」の部分は、西は欧米諸国、朝日は日本を意味し、これからは日本の時代が来るという意味らしい。「鯉魚化龍得真傳」の鯉魚も日本を意味し、これも日本が震災から立ち直ってまた発展していくという意味らしい。こうやって複数の意味をこめると詩は深くなるよなぁ。でもこめようったってそう簡単にはできないんだよなぁ。
 
夜、トレーニングを終わってからベランダでプロテインを飲みながら十五夜の月を眺めた。なんとなく力をもらったような気がする。

「名月」
 
仲秋の 佳節名月 また圓し
我また遊子 還るをおもふ
 
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
半月板損傷
- 2011/09/06(Tue) -
春日市 榊原 自営業 男性 40代

半年前に膝が曲がらなく、動かすと痛くなったので整形外科を受診、MRIを撮り半月板損傷と診断されました。今までも膝を組んだり、ねじったりすると膝がズキッとすることもありましたが、そのうちに治るだろうとタカをくくっていました。

30代まで社会人サッカーをしていましたので、足腰をかなり酷使したことが原因だと思います。放置するとこれから年をとるほど痛みがひどくなることも聞き、手術を勧められました。しかし、今は仕事も快調にうまく進んでいるので、ここで入院によって穴をあけるわけにはいきません。

なるべく手術せず治る方法を考えていたところ、仕事先の知り合いから中国の名医がいるという情報をいただき受診しました。
初回から痛みが8割は取れた感じがしました。

先生から悪い部分ではなく、良くなった部分だけをみるようにすれば治りも早くなるよと教えられました。病気は3割は医師が手助けするが、7割は患者が治すもので自然治癒力はその人の前向きな気持ちが左右するというお話には説得力を感じました。これは病気だけでなく、人間関係にも通じる考え方ではないでしょうか。人の良い所を見て付き合うということです。

数回の治療で膝の痛みは完全になくなりました。
先生は病気だけではなく、生き方においても非常に参考になるお話をしてくださいます。

これからも何かあったらお世話になります。よろしくお願いいたします。
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひどい肩こり!
- 2011/09/01(Thu) -
久留米市 末永 事務職 女性 38歳
3年前からひどい肩こりを感じるようになりました。
毎日仕事が終わると肩がパンパンに張り、腕を上げただけで痛みます。
そのうち、エプロンの紐を後ろで結べなくなりました。
ひどい時は目が疲れて頭痛がしたり、首にきたりします。
肩と腕と首全体が固まっているような重い感じをいつも感じてはイライラしていました。
シップをすると朝起きたときは状態がいいんですが、時間が経つにつれてパンパンに張るのは変わりません。
整骨院やマッサージにも数回行きましたが、気持ちがいいのはその時だけでした。
あるホームページで肩こりは体質的なことで一生治らないと書いてあるのを見て、諦めて何もしなくなっていたある時…
偶然、ネットで呉先生の治療院を知りました。
トップページに書かれている「現代医学で治療方法がないといわれた方々、又、原因不明の病をお持ちの方々は中国鍼灸院へどうぞ」という言葉が脳裏に残って行ってみよう!と思いました。
週2回のペースで通ううちに腕が後ろに回るようになり、子どもたちがびっくりしました。
いつも上の子にエプロンの紐を結んでいたのですから!
もう手伝わなくていいね~と子どもから言われて、今までありがとうと子どもに感謝の気持ちを伝えました。
あれから半年経ちましたが、もうイライラすることもなくなりました。
最近では健康のためにダンベルや体操をしようという前向きな気持ちで過ごしています。
呉先生、治してくださって本当にありがとうございます。
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |