FC2ブログ
「曹 参」
- 2012/10/30(Tue) -
今週の「中国鍼灸院」の呉先生の詩は前回の話の続き。蕭何の後に宰相になった曹参について。

「曹参」

呉炳宇

百戦功高居宰相、(百戦に功高くして宰相に居り)
不立新規酒伴嬌。(新規に立てず酒嬌を伴ふ)
幼主心配問何故、(幼主心配し何故か問ふ)
先帝勝君臣次蕭。(先帝君に勝り臣蕭の次なり)
曹循蕭制漢興旺、(曹蕭の制に循いて漢旺に興り)
民冨国強歩々高。(民冨く国強くなり歩々高し)

(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)。

よぉけ戦争してよぉけ手柄立てて宰相になったとにくさ
なぁんも新しいこつばせんで酒飲んで女と遊んどったげな
若い王様は心配になってなんでそげんあるとかて訊いたげな
前の王様はあんたよりすごかったし俺は蕭にゃかなわん
だけん蕭が作ったもんば守っときゃ漢の国はよぉなると
国も民もよかごつなってちょっとずつ進歩していくったい




呉先生: 「太極拳は名前はそんなに古いものではない」
ワシ: 「そうなんですか」
呉先生: 「でもその考え方は孔子や老子の時代に遡るヨ」
ワシ: 「へー」
呉先生: 「太極拳は孔子や老子の教えを形にしたものネ」
ワシ: 「太極拳は一通りの型が終わるまで止まらないんですか?」
呉先生: 「太極拳は死ぬまで止まらないヨ」
ワシ: 「死ぬまで(笑)」
呉先生: 「そう。ではどこで休憩するか?動きの中で必要のない力は使ってないヨ。半分は休んでるヨ」
ワシ: 「なるほど」
呉先生: 「今日は武術太極拳の型を教えます」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「武術太極拳の型は13しかない。上半身8に下半身5。あとはそれらの組み合わせネ」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「一つの技は次の技に繋がるヨ。これは永久に繋がるヨ」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「だから止まることがない。常に動いてる。」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「少林寺は止まるから教えやすいヨ。太極拳は止まらないから教えにくいネ」
ワシ: 「なるほど」
呉先生: 「基本の動きをやってみましょう」
ワシ: 「はい」


今日は基本となる5つの動きを習った。一つの技を次の技で返し、またそれを次の技で返す。相手の力を利用して一連の動きを延々と続けることができる。かなり面白かった!

「曹参」

良きものは 変えずに守るも 技なりき

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
臨床研修生(鍼灸師)の募集について
- 2012/10/29(Mon) -
私は医学臨床治療を40年以上経験してきました。
長年培った鍼灸経験を伝えたいと思っていましたが、娘は上海第二軍医大学病院で外科主治医師として、息子は同病院で内科主治医師として働いており、今中国鍼灸の後継者が必要と思っています。

そこで今回、鍼灸師のプロとして開業してみたいという方を対象に、中国鍼灸院の後継者になれるような人材を育てたいと考えました。

後継者候補として研修を設け、やる気がある方にできるまで指導します。希望があれば、次期院長として指導いたします。
平成26年8月31日 福岡市東区の中国鍼灸院を二代目の院長に譲る予定です。

 鍼灸院について:東洋医学と西洋医学の良いところを取り入れると共に、各鍼灸家(各流派)の有効な治療方法を吸収しながら呉家秘伝医術で多くの患者さんが治ってきました。

応募対象:女性鍼灸師(鍼灸学校の学生可)  

応募資格:①たばこを吸わない方、自身健康管理できる方。
       ②素直で感謝と笑顔、こつこつ努力するような方
       ③借金をしない方。収入が多くても贅沢せず、収入が少なくても足りる方。

研修費用:無料

研修内容:
患者さんから同じ穴位に鍼をしても治る先生と治らない先生はどこが違うかという質問をよく受けます。
原因はいろいろありますが、私の答えは次の通りです。
―例えば携帯電話が充電しているかどうかで通じるかどうかに分かれるのと似ている。鍼灸師も自分を充電していないと患者さんが治りにくい。鍼灸師は気功、太極拳、座禅などを行うと充電しやすくなる。―

研修内容には鍼灸の実技指導はもちろん含まれますが、鍼灸師自身の鍛錬も同時に大切であると考えていますので、太極拳や気功なども指導いたします。皆さんがもし、自分を充電できるようになったら、今まで学校で習った方法でも十分病気を治せます。
研修を受けることでこの医術を身につけ、これから臨床経験を積み重ねると、きっとよい鍼灸師になれると信じています。

科目
①臨床実技指導(内容は研修生の要望に応じます)
②太極拳: 武当太極拳、陳式太極拳一路、二路、総合陳式太極拳、推手、楊式太極拳(八十八式)、太極剣、太極刀など
③気功:武当気功、医学気功、座禅など
④中医鍼灸哲学(随時、対話の中で話していきます)
以上の科目はご希望のものを自由に選択できます。研修日、回数と時間は皆さんの都合に合わせます。

応募方法:メールで写真と履歴書および面接の希望日時をお知らせください。追ってこちらから連絡いたします。

一流鍼灸師の条件
天資:生まれつきのもの。(鍼灸に向いている心と体があること、自分も鍼灸の仕事が大好きであること)
努力:努力は大事。(コツコツ毎日の努力の積み重ね)
名師:いい先生に出会う。(数千年間の経験を短期間で自分のものにできる)
〒812-0054
福岡市東区馬出2-22-24-106
中国鍼灸院     呉 炳宇
電話:092-641-8804
携帯:090 1925 5520
メールアドレス: bywu@msn.com
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「蕭 何」
- 2012/10/22(Mon) -
今週もまずは「中国鍼灸院」さん。

「蕭 何」

呉炳宇

富甲漢朝良宰相、(漢朝の良き宰相は富甲なれど)
不買豪宅及良田。(豪宅及び良田を買わず)
痩田小宅偏又遠、(痩田小宅偏又遠し)
子孫不賢可保全。(子孫賢ならずとも保全可なり)

(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)。

漢の時代のよか宰相はよぉけ金持ちやったばってん
豪邸もよか田んぼも買わんかったげな
やせぇ~た田んぼとへ~んなとこにある狭い家しか持たんやったげな
子孫がさばけんでん、そんなもんしか持たんなら取られるが心配ないけんげな
 

呉先生: 「蕭何は漢の劉邦の時代の最初の総理大臣ネ」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「とてもお金持ちだったのに大きな家にも住まないし、いい田んぼも買わなかったヨ」
ワシ: 「へー」
呉先生: 「どうして子孫に残さないのか、尋ねた人があったヨ」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「蕭何は答えたヨ。『あまり価値のないものしか残さないなら、子孫が優秀でなくてもそんなもの奪う人はいないから子孫は安心して暮らせる』と」
ワシ: 「なるほど!」
呉先生: 「『もし子孫が優秀なら自分の力で稼ぐことができるからそれも心配ない』」
ワシ: 「なるほど!」
呉先生: 「おもしろい?」
ワシ: 「おもしろいすねー」
呉先生: 「それとこういう話もあるヨ。劉邦が死んで2代目になって、宰相も2代目になった時のこと」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「2代目の曹参宰相は蕭何が作った法律を何も変えなかったヨ」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「劉邦の子どもは心配になって訊いたヨ。どうして何も変えないのか?と」
ワシ: 「はい」
呉先生:  「彼は劉邦の子どもに尋ねたヨ。
     『私と蕭何はどっちがすごい?』
      劉邦の子どもは『蕭何』と答えたヨ。
     『では先帝とあなたはどっちがすごい?』
      劉邦の子どもは『先帝』と答えたヨ。
     『私たちよりすごい人たちが作ったものの何を変える必要があるのか?』と」
ワシ: 「なるほど!」
呉先生: 「実際にこの後、何年も法律は変わらなかったけど国はすごくよくなったということヨ」
ワシ: 「へー!すごいすね」
呉先生: 「いいものは変えずに守っていくことも大事ネ。これは今も通じることネ」
ワシ: 「ほんとですね」


「富」

あることに 慣れて奢るは 人の常
なくてこそ知る 天に積む富


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「太極降高血圧」
- 2012/10/16(Tue) -
久しぶりのに「中国鍼灸院」さん。

「太極降高血圧」

呉炳宇

緩動能降高血脂、(緩動は能く血脂を降高し)
急動可減高血糖。(急動は血糖の減高可なり)
常動脈柔血流暢、(常に動脈柔なれば血流暢にして)
無阻血圧本正常。(血圧もとより正常なるを阻む無かれ)
飲食勿超八分目、(飲食八分目を超す勿れ)
養生更比用薬種。(養生薬種を用いるに比して更なり)

(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)。

ゆーっくり動いたら血脂が上がったり下がったりしてくさ
はよぉ動いたら血糖が上がったり下がったりするとじぇ
動脈がやわーかったら血がよぉ流れるけん
血圧ば正常にしとかないかんばい
腹八分目にして食べ過ぎよぉにしてくさ
よぉーっと養生しときゃ薬やらいらんと

ゆっくりとした運動は血脂に影響し、速い運動は血糖に影響するという理屈はこれすなわち体脂肪を減らすにはゆっくりとした運動の方がいいという理屈と同じだな。だから体脂肪には筋トレやランニングよりウォーキングのほうが効くんだろうな。なるほど理にかなってる。
今日は呉先生に太極拳の基本の動きを習った。腕も膝も常に余裕を持つこと。ゆっくり動き、決して止まらないこと。水の流れのように相手の力を流してしまう。奥が深いなぁ。

「太極」

太極の 緩動体を つかさどる
薬種に比して 養生更なり


この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「相面知三高」
- 2012/10/11(Thu) -
曇り一時雨 旅の疲れをとるために「中国鍼灸院」さんへ。

今日の漢詩はこちら。

「相面知三高」
呉炳宇
満面紅光血脂高、(満面紅光血脂高く)
目周脹突血圧高。(目周脹突血圧高し)
迎風流涙目脂厚、(風を迎え涙を流し目脂厚ければ)
大食日久血糖高。(大食の日久しくして血糖高し)

(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)

顔が赤ぉして脂ぎっとぉ人は血脂が高いとじぇ
目の周りが出とる人は血圧高いとじぇ
風ですぐ涙が出ていつもめやにつけとぉ人はあんま食べ過ぎよったら血糖高くなるとじぇ

呉先生:「これは顔を見ればその人の健康状態がわかるという意味の詩ネ」
ワシ:「なるほど」
呉先生:「これを覚えたらえしぇ蔵でも相手の人の健康状態がわかるヨ」

ワシ:「ところで先生、尊敬するお坊さんとかいますか?」
呉先生:「お坊さん?お坊さんはいろいろ宗派あるネ」
ワシ:「ありますね」
呉先生:「一人の人、一つの考えに集中してはいけないネ」
ワシ:「はい」
呉先生:「無党無派が大事ネ」
ワシ:「なるほど。無党無派ですね」
呉先生:「どちらにも偏らない。常に真ん中にいることが大事。これ太極拳の考え方ネ」
ワシ:「あぁ、これも太極拳ですか」
呉先生:「小説もいろんな人の小説読んだほうがいいネ」
ワシ:「はい」
呉先生:「みんなそれぞれ良い悪いあるヨ。全部吸収したらいい」
ワシ:「はい」
呉先生:「真ん中にいればいろんなことを吸収できるネ」
ワシ:「はい」

なるほど!無党無派。常に真ん中にいて全てを吸収する。これは大いに勉強になった。

「一に与せず」
師は常に 
泰然自若の境にて一に与せず 
全を知るなり

この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |