FC2ブログ
「禅の道」
- 2013/06/25(Tue) -
今週は「中国鍼灸院」さんから。

「禅」
呉 炳宇
谷欠多時易病、(谷欠けること多き時病に易く)
衣単入静医疾。(衣ひとつにして静に入れば疾癒える)
感謝之家多楽、(感謝の家に楽多く)
笑顔之人祥吉。(笑顔の人は吉祥なり)

(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)。

食べるもんがなけらな具合が悪うなるばい
質素に大人しゅうしときゃ病気も治るたい
感謝する道知っとる家はよかごとなると
いつも笑顔の人は幸せになると

最初の「谷」は穀物を意味するらしい。次の「欠」とつなげれば「欲」という字になる。つまり穀物が不足して欲が生まれるというわけだ。 二行目の「衣」と「単」もつなげれば「禅」になる。つまり服を一枚しか持たないような無欲な状態を心がけることから禅が始まるということだ。
今回も深い詩だ。


呉先生: 「えしぇ蔵は夢あるネ」
ワシ: 「あります」
呉先生: 「今までも夢あったネ」
ワシ: 「ありましたね」
呉先生: 「例えば大学に受かりたいという夢があったネ」
ワシ: 「ありましたね」
呉先生: 「でも受かったらもうその夢は忘れてしまったネ」
ワシ: 「そうですね」
呉先生: 「人間は夢をかなえてしまうと、かなわない時よりも寂しさを感じるネ」
ワシ: 「なるほど」
呉先生: 「そしてまた次の夢を見るネ」
ワシ: 「見ますね」
呉先生: 「逆にあまりに遠い夢を持ちすぎるとかなわなくて元気なくなるネ」
ワシ: 「そうですね」
呉先生: 「人間はいつも自分の夢に振り回されるヨ。ではどうすればいいか?」
ワシ: 「どうしたらいいんですか?」
呉先生: 「毎日、その日にかなうような小さな夢を見ることネ」
ワシ: 「なるほど」
呉先生: 「大きな夢を持つことも大事。同時に毎日の小さな夢を持てば、毎日楽しいネ」
ワシ: 「おー!いいですね、その考え。小さい夢ですね」

よし。毎朝、その日の小さな夢を決めて行動しよう。

「禅の道」

欲を断つ 衣ひとつは 禅の道
いかに我が身に 難きことかな

この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
私は突発性難聴も治り元気に過ごしております。
- 2013/06/11(Tue) -
はじめまして。
いえ、私自身は以前にお世話になりましたので、お久しぶりですなのですが・・・。
私は、以前、突発性難聴になり、他の病院で「この薬で治らなかったらもう治らないと思ってください」と言われ、薬を飲んでもよくならなかったので、とても落ち込み、藁をもすがる思いで先生に電話しました。
そして、中国鍼灸院で先生に「大丈夫。あなた若い。治る。」とおっしゃっていただき、とても救われました。
今、私は突発性難聴も治り元気に過ごしております。

今回、先生に診ていただきたいのは、主人の母です。
パーキンソン病を患い、かれこれ、パーキンソン病と診断されて4年になります。
歩くこと、話すことが、ままなりません。
少しでも良くなれば・・・と思い、ご相談させていただきました。
木曜日の午前中にお時間があるようでしたら、お伺いしたいと思いますが空いていますでしょうか。
お返事お待ちしております。

よろしくお願いいたします。

裕子
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「時勢造英雄」
- 2013/06/04(Tue) -
「中国鍼灸院」さんにて。今日の漢詩はこれ。

「時勢造英雄」

呉炳宇

鳥語花香通幽境、(鳥語り花香れば幽境に通ず)
朝陽正我体内鐘。(朝陽正に我が体内の鐘))
願少易成得天助、(願少なければ成り易く天助を得る)
静観時勢造英雄。(静観すれば時勢英雄を造る)

(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)

鳥が鳴いて花が香るけん世界は素晴らしいとじぇ
朝陽は身体の時計になりよるとじぇ
願いが小さかったら天の助けば得て叶いやすかとじぇ
よぉっと考えてんやい 世の中が英雄ば造りよるとじぇ


先日、DVDで見た「98時間リベンジ」の中での一番最後の格闘シーンが、また呉先生に習った武術太極拳の動きそのままだったので驚いた。そのことを先生に話したらまた動きを教えてくれた。
武術太極拳による格闘は相手の動き次第で千変万化。こう来るならこうする、だめならこうする、それでもだめならこうする・・・と永久に動きのパターンがある。川が流れるように終わりがない。実に面白い。
 
それにしても先生はすごい。ワシがどこから攻撃しても簡単に投げ飛ばすことができる。どういう攻撃にも反射的に対応できる。先生の動きを全てマスターしたらかなり強くなれると思う。
武術太極拳恐るべし。

「天助」

人なれば 天助を得たき こともあり
時にすがるも 禁忌にあらず

この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |