FC2ブログ
One day
- 2014/01/29(Wed) -
One day, you'll be just a memory for some people. Do your best to be a good one.

いつか、あなたが必ず誰かのメモリに残るから、あなたがベストを尽くし、良いメモリーにしましょう。

總有一天,你会成為別人記憶的一部分。竭盡你全力,留一段好回憶吧。

renren網より
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
案内
- 2014/01/23(Thu) -
平成26年9月1日(月)より福岡市東区の中国鍼灸院は
移転させて頂く事になりました。
現鍼灸院での診療は、
平成26年8月27日(水)午後12時を以て終了し、
9月1日(月)より以下の場所に移転します。

〒811-3502
福岡県宗像市江口1234-121



※診療予約方法:
治療は完全予約制です。
ご希望の日時を気軽にご相談下さい。
確実に来院できる日時をお選び下さい。
さらに、当日は再確認の為に電話かメールでご連絡下さい。
当日の連絡がない場合は
キャンセルと受け取らせていただきます。

携帯 : 090-1925-5520
E-mail : bywu@msn.com

***今まで福岡市国民健康保険証をご利用の方へ***

移転先が福岡市外になりますので、福岡市国民健康保険証を使えません。大変ご不便をお掛けしますが、よろしくお願い致します。


中国鍼灸院 呉 炳宇
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明月
- 2014/01/21(Tue) -
「中国鍼灸院」さんにて。今日の詩はこれ。

「水調歌頭」

宋 蘇軾

明月幾時有?(明月幾時より有る)
把酒問青天、 (酒を把りて青天に問う)
不知天上宮闕,(天上の宮闕は知らず)
今夕是何年。(今夕是何年かを)
我欲乘風歸去,(我風に乗りて帰去せんと欲す)
又恐瓊樓玉宇,(又恐れる瓊樓玉宇の)
高處不勝寒。(高所寒に勝てぬことを)
起舞弄清影,(起舞すれば清影したがい)
何似在人間!(何ぞ人間に在るに似ん)

轉朱閣,(朱閣に轉じ)
低綺戸,(綺戸低くして)
照無眠。(照らされ眠ることなし)
不應有恨,(まさに恨み有るべからずも)
何事長向別時圓?(何事ぞ長に別れる時に向かいて圓なるや)
人有悲歡離合,(人に悲嘆離合あり)
月有陰晴圓缺,(月に陰晴圓缺あり)
此事古難全。(此の事古より全きこと難し)
但願人長久,(ただ願う人長久にして)
千里共嬋娟(千里に嬋娟を共にせんと)
 
(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)。

お月さんいつからそこにおるとや?
酒持ったまま天に訊いてみたばい 
天の宮殿では
今夜は何年になるっちゃろうか
風に乗って天に行ってみたかばい
ばってん月の宮殿は
高いとこにあるけん寒うしておれんやろう
やっぱ地上で踊ったりしてくさ
人の世界がよかばい

赤い楼閣の上を転がって
低いとこから月が綺戸を照らすけんが
眠れやせんばい
別に恨んでなかばってん
なんで別れる時に満月になるとや?
人には悲しいことや別れとかがあってくさ
月にも暗いとか明るいとか丸いとか欠けるとかあってくさ
そういうとは昔からどうしようもなかと
そんならこれからずっと遠く離れとっても
同じ月ば見てせいぜい楽しもうや


この詩にメロディーをつけたものをテレサ・テンが歌うのを聞かせてもらった。中国語の発音というのはなんと美しいのだろう。やはり漢詩は中国語で読まないと本当の美しさは味わえんわな。

「陰晴圓缺」

月でこそ 陰晴圓缺 避けがたし
なお易からず 人の世の路



      
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「沁園春 雪」
- 2014/01/06(Mon) -

今日から仕事。とはいえまずは「中国鍼灸院」さんで初鍼。また有名な漢詩を呉先生に解説してもらった。今回は毛沢東。

「沁園春 雪」

毛澤東

北国風光 (北国の風光)
千里冰封 (千里氷に封され)
萬里雪飄 (万里に雪翻る)
望長城内外 (長城の内外を望めば)
惟餘莽莽 (ただぼうぼうたるを余すのみ)
大河上下 (大河の上下)
頓失滔滔 (とみにとうとうたるを失い)
山舞銀蛇 (山に銀蛇舞い)
原馳蝋象 (原に蝋象馳せる)
欲與天公試比高 (天公と高さを比ぶるを試んと欲す)
須晴日 (晴日をまち)
看紅裝素裹 (紅く装う素裏を看れば)
分外妖じょう[女に堯] (分外妖じょうたらん)

江山如此多嬌 (江山かくのごとく嬌多く)
引無數英雄競折腰 (無数の英雄を引て競いて腰を折らしむ)
惜秦皇漢武 (惜しむらくは秦皇と漢武)
略輸文采 (ほぼ文采におとり)
唐宗宋祖 (唐宗と宋祖)
稍遜風騒 (やや風騒にゆずる)
一代天驕成吉思汗 (一代の天驕成吉思汗)
只識彎弓射大雕 (只弓を彎き大雕を射るを識るのみ)
倶往矣 (ともに往く)
數風流人物 (風流の人物を数うれば)
還看今朝 (なお今朝を看よ) 

(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)

北国の自然は
どこもかしこも氷がはってくさ
どこもかしこも雪が降りよるばい
万里の長城の内側も外側も
ずーっと真っ白ばい
黄河は上流も下流も
かちかちに凍って流れよらんばい
山はどれも真っ白で銀の蛇んごたある
原っぱの雪は象が走りよるごた感じばい
天と高さば競おうかていう勢いばい
ばってん晴れた日には
ちょっと紅ぉなったりしてくさ
えらい色っぽかばい

中国の自然はこげんきれいかけん
英雄がいっぱい出てきて競って平伏したばい
ばってん惜しかとは秦の始皇帝と漢の武帝やな
文才がなかもんな
唐の太宗と宋の太祖も
ちょっと風流がわかっとらんな
あのめっちゃすごかった成吉思汗も
弓で大鷲を射るみちしか知らんもんな
そういう人たちもみんな消えっしもうた
本当に風流をわかっとる人間ば探すなら
今の世の中ば見てみんしゃい(俺しかおらんめぇもん)
 

これを書いた時の毛沢東はまだ蒋介石の国民党軍に追われて逃避中の身で、この先どうなるかもわからない状態だったらしい。それでいながらこの自信!かつての英雄たちを蹴っ飛ばして俺しかおらんめぇもんと豪語するこの気概!全く大した人物だ。スケールが違いすぎる。

「気概」

風流を 解す英雄 己のみ
毛澤東の 気概や如何

この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |