FC2ブログ
漢方
- 2016/07/21(Thu) -

呉 先生、月曜日は有難う御座いました。

先生の漢詩…

「雪下」呉炳宇
寒波蘆檜滅、
雪下虎耳長。
枸杞肉桂健、
南天淡竹昌。
庭草木皆薬、
人全身宝蔵。
舌伴水活意、
草下楽薬良。

虎耳草(雪下).
蘆檜(アロエ).

アロエは、今年のさむさで 元気が無くなり、
雪の下〔虎耳〕キンモクセイ、肉桂、南天、
淡竹、庭に咲く草木は 全て薬、
人の体は 全て必要な物 全て大事。
唾液が沢山出ていれば 安心、
薬草を見つけると嬉しいですね。

中国鍼灸院 宗像の先生のウチの庭には、沢山の
草木や花が一年中 生い茂っています。

先生は、漢方薬の本を片手に 「あの花は、喉に効く あの草の根っこは 新陳代謝を促進 あの木の皮は、…… 」と 庭にある植物 全部が漢方薬だそうですよ。

でも 使い方や量、使う部分を間違えると 大変な事になりますね。

門の前に咲く スイセンの葉や根っこ には毒があり 口にすると腹痛や嘔吐を引き起こします。茎はすり潰して患部に塗ると 消炎効果があるそうです。
9月に咲く、彼岸花もスイセン同様に球根は毒ですが すり潰して 足の裏に貼っておくと 膝の水や炎症を取ってくれるそうですよ。

先生曰わく、毒のある植物には、虫が寄ってこないので 虫除けスプレーが できるかも…

まだまだ、先生の庭には、ウコンや梅の木、
つる芋などなど 沢山の季節に応じた漢方薬が
有りますね。

川の土手や公園、庭などで「漢方薬」を探して見るのも楽しいかもしれませんね。


又、来週 25日 の月曜日 9時にお願いします。

一ノ瀬





iPhoneから送信

この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2016/07/13(Wed) -

呉 先生、月曜日は有難う御座いました。

先生の漢詩…

「猫」呉炳宇
雲花迎雨開、
犬去猫入宅。
烏鷄夜安睡、
黃鼠狼不来。

黃鼠狼(イタチ Itachi)

雨が降ると雲の花が咲き、
犬が居なくなり 猫が来る。
お陰で、鶏は 夜ぐっすりと眠れ、
イタチは、今でも帰ってこない。


最近では、危険な雨が多いですね。
優しい雨なら、心を落ち着かせて
ゆっくりと時間が経つのを 楽しめますが…

さて 今、 宗像の中国鍼灸院には、猫が遊びに来るようになっていて、 先生が庭に餌をまいて可愛がっているようです。

犬のトシくんが、飼い主さんのもとに行ってしまって、先生は寂しいのかと思いきや 鶏と楽しく生活していた所に 何処からか 先生の餌につられて、1匹の猫が来るようになったそうですよ。

イタチには戻って来て欲しくないので
猫ちゃんを連れて来たのかな?

イタチは、天井裏に住み着いてしまうと
糞尿の臭いや夜中に走り回る音がして あまり気持ちの良いものじゃありませんね。

その点、猫が居たら イタチから鶏も守ってくれるし 家にも入ってこれない、
ずっとトシくんが 番犬をしていたけど、此れからは、猫ちゃんが、招き猫 兼 門番をしてくれますね。

呉 先生、いい考えですね。

先生が福岡の馬出に いた頃に餌を食べに来ていた 親子連れの猫によく似ていますね。

先生は、いつも ナイスなアイデアで 人も動物も
過ごしやすい環境を作って 悪循環にならないように 全体の気の流れがスムーズに行くように
考えて いますね〜(^^)

又、来週 18日の月曜日 9時にお願いします。

一ノ瀬









iPhoneから送信
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |