FC2ブログ
防疲歌
- 2009/06/30(Tue) -
呉 炳宇
 
久立骨傷、(久しく立ちて骨傷み、)
久行筋疲、(久しく行きて筋疲れ、)
久座血凝、(久しく座して血凝し、)
久臥氣滞、(久しく臥して氣滞り、)
久欲神離。(久しく欲して神離れる。)
未久交代、(久しからずして交代し、)
週而復始、(回して、又次のを始めとすれば、)
防疲無憂。(疲れ防ぎて憂い無し。)
 
ずっと立ってれば骨が傷み、
ずっと歩いてれば筋が疲れ、
ずっと座ってれば凝血し、
ずっと寝てれば氣が滞り、
ずっと欲しがってれば神が離れる。
長くなるまえに交代し、
後が始めとなるように回していけば、
疲れを防ぐことができ憂いはなくなる。

ずっと同じ状態でいたり、同じことばかりしているのではなく、交互にいろんなことをしていけば疲れにくいということだな。
 
(訳:えしぇ蔵)



2009年06月29日 | Weblog「中国鍼灸院」の呉先生が先週出した漢字クイズの答えは「秋」。
赤で風が好きで水が嫌いなのは火。
青で水が好きで虫が嫌いなのは植物。
つまり火の横に植物を意味する部首を持ってくればいいというわけで、のぎへんがそれ。のぎへんは稲のように穀物を意味する。
 
呉先生: 「先週の問題は正解の人いた?」
ワシ: 「あ、一人いましたよ」
呉先生: 「今週はこれネ。熟語の問題ヨ」

熟語クイズ!

一葉障目、
不見○○。
両豆塞耳、
不聞○○。


呉先生: 「これは中国のことわざネ。○○に入る熟語を当てる問題ネ」
ワシ: 「この詩の意味はなんですか?」
呉先生: 「要するに、小さいことにこだわっていたら全体が見えなくなるという意味ネ。日本にも似たことわざある?」
ワシ: 「それなら”木を見て森を見ず”ですね」

(これはちょっと難しいので、似たような意味なら正解ということにして、今週も回答を募集します!わかった人はメール下さい。esezo@s-harvest.com)
 
 
 

「かたつむり」
 
言葉なく あじさい這いて かたつむり
 
この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<血液もサラサラになりました! | メイン | >>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://eggsennin.blog87.fc2.com/tb.php/103-31affeed
| メイン |