FC2ブログ
「夏至昼長」
- 2011/06/13(Mon) -
2011年06月13日 | Weblog
先日、「中国鍼灸院」さんに高校の国語の先生が患者として来られたらしい。呉先生がどうやってここを知ったか訊いたら、ネットで「えしぇ蔵日記」の漢詩を見て、「中国鍼灸院」さんにたどり着いたそうな。へー!国語の先生に見られてるとなると恐縮だな。ちゃんと訳できてるか心配だ。

「夏至昼長」呉炳宇
日入正午影皆短、(日正午に入りて影皆短し)
年近夏至昼更長。(年夏至に近くて昼更に長し)
物極必反天之道、(物極まれば必ず反するは天の道)
請観冬至夜最長。(観るを請う冬至の夜は最長なりと)
 
(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)

正午になったら太陽が真上にあるけん影はみんな短いと
夏至に近づいたら昼はどんどん長おなると
なんでんいくとこまで行ったら逆になるごとちゃーんと決まっとぉと
その証拠に観てんやい、冬至は夜が一番長かけん
 
物極まれば必ず反すってのがいいやね。結局全ては円を描いている。そういえば呉先生は太極拳も円の動きと言われてたが、やはりこれも自然の摂理に従っているということか。

「円」

極まれば 物皆反し 円となる
自然も時季(とき)も 人のこころも
 
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<喘息発作が起こらなくなりました。 | メイン | 「端午」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://eggsennin.blog87.fc2.com/tb.php/216-5520d576
| メイン |