FC2ブログ
邪魔しないこと
- 2011/07/12(Tue) -
美也子さん(保健師)の「邪魔しない」を読みました。
邪魔しないという考え方は素晴らしい事ですね!

良い医師は患者の自然治癒力を邪魔しない。
良い親は子の健康成長を邪魔しない。
良い恋人は相手の夢を邪魔しない。
良い総理は国民の幸せを邪魔しない…。

自分を抑えて邪魔をしない存在になることで相手を活かし、自分も生きていくことがで
きます。
自分が自分がというエゴを無くし相手を上手に活かす、これは太極拳の考え方でもあり
ます。
                             呉 炳宇


邪魔しないこと
邪魔しないで存在する ってことを言い聞かせてたら
臨床の看護師時代を思い出しました新たな診療や検査や手術に立ち会うとき
「先生、私どのようにしたらいいんでしょうか?」の不安な問いに一言
「看護婦はね、邪魔しなければいいんだよ、そこにいたらいいだけ」
という優しくも厳しいお言葉
短いけど説得力のある言葉だと受け止めた 深いというか
邪魔しないためには?! 色々考えた その結果、やはりすごく深かった
経験から理解していったのだと思うけど
物品を漏れなく揃えて手順を先読みして タイミング良く準備して
医師のペースをつかんで患者さんとの会話をプラスにつなぎながら雰囲気を壊さない
邪魔・・・すなわち 余分なものをださない 不要な会話をしない
必要なものを必要な時に、はい、っと出す 
失敗も多かった分、得意になっていったのです
いまは産業保健師
邪魔しない
この言葉がさらに耳にリフレインする今日この頃なのです なぜだろう
ですぎ?!は私の中ではタブーなのです。。
自分の存在が、社員の皆様の仕事に影響しすぎてもブーだ。
内面に影響しつつも、外見上は影響しない 押し引きのバランスかな? 
一見、静かだけど内面はつながっている感覚を持ち続ける
いつでもOK! というサイン出しは 瞬時に判断して出す
看護師時代に ペース読みを鍛えられた
先読みして 次の言葉や指示を待つ・・・・・
「沈黙」「緊迫」の中にある張り詰めた緊張感待って 必要時にぐっと手を出すんですよね 
「押さえましょうか?」とかね そのタイミングが医者と合うか合わないか
医者の技量を左右する  そこで影響している感じがしたな
無いものは先に言っておくのも大事だったな 怖くて言いにくくて言わずにいたら
外科の先生とかめちゃくちゃ怖いですよね 
「もうやめた!」となるかもしれない恐怖もあったし
内容は違うけど 活かされてるのか???
とにかく保健師の仕事にもいろんな方との色んな作業があるから
手順や相手のペースを掴んでおいて  円滑に お手伝いできる準備が
大切なのかもしれないですね
準備が9割以上、結果を左右する気がします
この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<お知らせ | メイン | 「風水」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://eggsennin.blog87.fc2.com/tb.php/220-6ed72083
| メイン |