FC2ブログ
「学而賢明」
- 2011/11/21(Mon) -
「中国鍼灸院」の呉先生に腰と肩を治療して頂いた。腰はしばらく先生のところに行かないと痛みだしてくる。週1回行ってる時は自分が腰痛持ちというのを忘れてしまうが、しばらく行かないとそれを思い出す。どうも先生には死ぬまで世話にならないといけないようだ。
 
「学而賢明」

呉炳宇

雲随風而漂泊、(雲風に随いて漂白し、)
山経水而変形。(山水を経て変形す。)
体勤練而強健、(体勤めて練すれば強健となり、)
脳常学而賢明。(脳常に学べば賢明となる。)
 
(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)

雲は風が吹いて流れていってくさ
山は雨降るけん形が変わると
いつも体鍛えときゃ丈夫になってくさ
いつも勉強しときゃ賢くなると
 
この詩においてポイントになるのは”時間”だそうな。いづれもすぐにはそうなるものではない。時間をかけて初めてそうなるということ。そうならないというのは十分に時間をかけていないということ。ゆっくり、じっくり、努力を続ければ何かを得られる。最近ワシはそれを筋トレで感じた。結果が出ればさらに続けたくなる。続ければまた前よりも結果が出る。そうなるとどこまで行くかやってみたくなる。一つのことをずっと続けるというのは面白いやね。
 
仕事が終わって帰宅する時、駐車場に車を入れてもまだ家に帰ってきたという感じはしない。気分的に落ち着くのはまだ先かな。
 
「時」
 
過ぎゆきて 時全てをば 成し遂げる
 

この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<おもふこと 捨てるを得れば 身も軽し | メイン | 生理痛が良くなりました。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://eggsennin.blog87.fc2.com/tb.php/236-42e14ffc
| メイン |