FC2ブログ
えしぇ蔵日記 より
- 2007/12/18(Tue) -
この日記は全てノンフィクションであり、登場する人物・団体名などは全て実在のものです。

12月17日(月)晴れ時々曇り なし
月曜日の朝は「中国鍼灸院」の呉先生の出番。
 
ワシ: 「先生、月曜日の日記を楽しみにしてるっていう人多いですよ」
呉先生: 「一度読むとまた読みたくなるヨ。孫子の本を直接読む人は少ないから、日記に毎週ちょっとづつ孫子の教えを書くとみんなのためになるヨ」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「孫子の教えにこういうのがあるネ。敵が攻めてこないのはなぜか?どういう時に攻めてこないか?それは敵にとって利益がないから。攻めにくいから。いつもしっかり守ってると敵は攻めてこない。これ病気も同じ。普段から気をつけて病気にかかりにくい身体をつくれば、病気は襲ってこない。みんな風邪ひいた時は菌が入ったと思ってるけど、一番の大きな原因はその人が弱ってることヨ。風邪は弱ってる人を襲うヨ。弱いところを攻めてくるヨ」
ワシ: 「なるほど」
呉先生: 「私は子どもの頃から孫子の兵法を参考にしてたヨ」
ワシ: 「子どもの頃からですか(笑)」
呉先生: 「そう。例えば子どもの頃はみんなけんかするじゃない。相手が5人だったらどうする?」
ワシ: 「どうします?」
呉先生: 「逃げる(笑)」
ワシ: 「あはははは!」
呉先生: 「そして一番弱いのが一人になった時にやっつける。次に弱いのが一人になった時にやっつける。そうやって一人づつやっつける」
ワシ: 「なるほど。敵の兵力を分散させて各個撃破ですね」

「ソノ無備ヲ攻メ、ソノ不意ニ出ヅ」
「我ハ専ニシテ一トナリ、敵ハ分カレテ十トナレバ、コレ十ヲ以ッテソノ一ヲ攻ムルナリ」
 
呉先生は太極拳も得意だから「教室をされてはどうですか?」と言ってみたら、「資格は持ってるよ」と認定書を見せてもらった。それは福岡県の武術太極拳の指導者の認定書だった。呉先生は第1号の認定指導員だった!ほんとにまぁどこまでビックリさせてくれる人だろうか。今日も治療の後に武術太極拳を習った。正面から攻めてくる相手をどうかわすか?なんか動きが全て理にかなってて面白かった。

この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<腰椎椎間板ヘルニアが針で治った!! | メイン | 19年間、私が見て来た中国鍼灸院>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://eggsennin.blog87.fc2.com/tb.php/31-33046013
| メイン |