FC2ブログ
- 2014/08/20(Wed) -
連休明けはまず「中国鍼灸院」さんへ。

「東方哲理」

呉炳宇

釈迦経災難後悟、(釈迦の経は災難の後に悟る)
孔子論善人先行。(孔子の論は善人が先行す)
老子道上善若水、(老子の道は水のごとしを上善とす)
人家世黙忍寛成。(人家世は黙認し寛にして成る)

(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)

お釈迦様の教えは災難にあったときにありがたみがわかるもんばい
孔子の教えはよぉでけた人間しか実行せんもんばい
老子の教えは水んごとなるようにしかならんて言うとるばい
人も家族も世の中も黙って我慢して寛大になりゃよかごとなるもんばい


今日一緒になった患者さんはワシの日記を毎日チェックしてくれているということだった。ありがたい話だ。呉先生が「どんなところが面白い?」とかいろいろ質問していたが、その答えがワシには大きな励みになった。
ここ最近になって自分の文学の才能のなさにようやく気付いて絶望していた。懸賞は何度出してもかすりもしないし、同人では酷評されるし、自分でも過去の作品を思い返してみてあぁやっぱり下らないと思ったり、とにかくモティベーションが最低の状態になっていた。そんなワシの書くものでも楽しみにしてる人がいるということを今日気付かされた。呉先生も行くたびに「必ずうまくいく。まず信じなさい」と言ってくれる。こういう人たちの期待を裏切っては申し訳ないと思った。
ということで、久しぶりにまた何か書いてみようという気持ちになったんだが、さて何を書こうか。

「水のごとし」

生きる道 水のごとしを 善しとする
老子の教え 今ぞ染み入る

この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<予約 | メイン | 脳腫瘍が消えて10年後!>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://eggsennin.blog87.fc2.com/tb.php/370-d0439494
| メイン |