FC2ブログ
書竹良縁
- 2008/06/24(Tue) -
書竹良縁
久しぶりに朝時間が空いたので「中国鍼灸院」さんへ。

呉先生: 「えしぇ蔵日記を見たという人が毎日来るよ」
ワシ: 「ほんとですか」
呉先生: 「昨日も3人来たヨ。みんな同じこと聞くヨ。えしぇ蔵さんてどんな人?」
ワシ: 「なんて答えるんですか?」
呉先生: 「とてもハンサムよと言っておいたヨ」
ワシ: 「あははは!」
呉先生: 「今日はね、この詩の話をするヨ」
 書竹良縁
家     門
蔵     前
萬     千
巻     根
書     竹
呉先生: 「知ってる?」
ワシ: 「いいえ」
呉先生: 「昔よく勉強する真面目な青年がこの詩を作って門に貼ったヨ。青年の家の前には竹が生えていたヨ。家の中には本がたくさんあったヨ。本と竹は良い縁があるという意味の詩ネ」
ワシ: 「へー」
呉先生: 「でもその竹は隣の大金持ちの家のものだったよ。勝手に詩にされたから怒って竹を全部切っちゃったヨ」
ワシ: 「ありゃりゃ」
呉先生: 「そこで青年はこの詩に一字づつ足したヨ」
 書竹良縁
家     門
蔵     前
萬     千
巻     根
書     竹
長     短
呉先生: 「竹は切っても少し残っているから短い竹としたヨ。本のほうには長いとつけたヨ」
ワシ: 「なるほど」
呉先生: 「これ中国語ではちゃんと韻も踏んでるヨ。これを見た隣の大金持ちは感心したヨ。将来性のある青年と思ったヨ。それで青年を家に招待したヨ。そして自分のきれいな娘を青年にあげちゃったヨ」
ワシ: 「へー!」
呉先生: 「書と竹は良い縁だったということネ」
ワシ: 「おもしろいすね!」
 
今日はこの後、先生が今凝っているパン作りの話になってパンを見せてもらったり、中国語を習ったりして楽しかった。
 
「ブライダルミュージアム ビッビ」さんにはOさんという天然キャラの女性の社員さんがいる。この人は生まれながらに人を笑わせる素質を持っているのか、そこにいるだけで面白い。こないだも「わたし、○万円も入れてた封筒落としたんです・・・」と落ち込んでいたが、全然落ち込んでいるようには見えなかった。これからきっとネタを提供してくれることになるだろう。
 「鍼と文」
 師癒病人鍼
 我笑読者文
 蔵
この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<自殺する気が鍼で消えた! | メイン | 呉先生へ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://eggsennin.blog87.fc2.com/tb.php/62-570343fa
| メイン |