FC2ブログ
「卜算子」 蝉蟋
- 2008/07/29(Tue) -
 今日は呉先生に自作の詩を頂いたのでここに掲載。まったく見事なもんですな。

「卜算子」 蝉蟋
呉 炳宇
 
蝉送夏暑歸、
蟋迎秋爽到。
玉杯美酒夕陽紅、
寵辱皆忘尽。
随遇人易安、
知足心中楽
癒疾千万謝地天、
神鬼常相助。
 
蝉は夏の暑さが去って行くのを送り、
こおろぎは秋の爽やかさが来るのを迎える。
杯の美酒が夕陽に紅く染まれば、
ほめられたことも、怒られたことも、すべて忘れる。
人に遇って従えば生きやすく、
心中満ち足りていれば常に楽しい。
あらゆる病気は、天地に感謝していれば、
神様も鬼も常に助けてくれる。
 
(訳:えしぇ蔵)
 
黄石公と張良

一週間の始まりはまず「中国鍼灸院」さんで鍼をうってもらってからと、駐車場に車を止めて中に入ると、おや、こんな朝早くにもう先客がいる。どちらのご夫婦?と思ったらうちの両親だったりする。そういえば昨日からもえちゃん一家と福岡に遊びに来てるんだった。
今日の診察室にはパンの香りが充満してた。「ちょうど今焼きあがったとこヨ。ちょっと食べてみる?いいヨ。どうぞ」と先生にすすめられて親子3人で分けて食べた。これがまたなかなかにうまい!先生やるなぁ。
 
呉先生: 「今日はね、張良の話ネ」
ワシ: 「劉邦の軍師ですね」
呉先生: 「そう。張良が兵法を教わるために弟子入りしたのが、黄石公ヨ」
ワシ: 「あの何回も靴投げた人ですね?(笑)」
  (黄石公は橋の上から自分の靴を川に投げて張良にとってこいと命じた。張良がとってくるとまた靴を川に投げた。これを3回繰り返した。犬じゃないんだから。そして明日またこの時間にここに来たら兵法を教えてやると言ったので次の日その時間に来たら黄石公が先に来てて、「遅いから教えない。明日また来い」と言われた。次の日は思い切り早く行ったけどまた先を越され、「遅いから教えない。明日また来い」と言われた。そこで今度は張良は帰るふりをして家には帰らず、ずっとそこにいた。そしてようやく黄石公に「よし。教えてやる」と許しをもらった。要するに人になにかを教わる時は謙虚になりなさいということ。)
呉先生: 「張良は劉邦が天下とって漢の国を作った後、小さな国をお前にやると言われても断って辞めて締まったヨ」
ワシ: 「辞めてどこに行ったんですか?」
呉先生: 「また黄石公を探しに行ったヨ」
ワシ: 「へー」
呉先生: 「国を作ってしまったら優秀な部下は殺されてしまうヨ。天下とられてしまうかもしれないから。劉邦の片腕の韓信は殺されてしまったヨ。だから張良は殺される前に先に辞めてしまったネ」
ワシ: 「へーなるほど」
 
黄石公と張良の話は文献で微妙に内容は違うが、非常に興味深いものがある。黄石公は張良に書を授け、「お前は10年後に王者の軍師となっているであろう」と予言し、その通りになった。そして「13年後にまた会おう」という予言どおり、13年後に黄色い石となった師匠に再会する。
こういう歴史上の事実を元にしたエピソードは後世の手が加えられてはいるだろうけど実に面白いもんだ。
 
「パンの香り」
 
目を閉じて
パンの香りや
鍼灸院
えしぇ蔵
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<「長相思・花」 | メイン | 月 圓>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://eggsennin.blog87.fc2.com/tb.php/68-2e0d4ea7
| メイン |