FC2ブログ
長寿の秘訣(心)
- 2017/12/11(Mon) -
「心は静かに、体は動かして」

心を養い、心を静かにし、心を修める、意識や気分を調整する、これらは養生の常識であるが、残念ながらみんなから重視されていない。だから「治せない胃の病気」や「一生付き合う咽頭炎」が発生するのである。

心を静かにすることはすなわち体を安らかにすることであり、体を安らかにすることは体を丈夫にする。心が安らかで体が丈夫であればすべての病は生じにくくなる。動けば陽を生むことができ、陽気が旺盛になり、通達する。すなわち気血がよく流れ、筋肉は満ち満ちて、筋骨は強健になる。

心を静かにし、体を動かし、栄養をちょうどよいものにして過剰摂取しない、これは歴代の各門派の養生家が提唱している三大要件である。

実のところ、人の寿命の長短を決定するのは食べることや運動だけではなく、愉快な心情、積極的な心と喜んで慈善事業や喜捨をすることも十分重要である。早速この重大な発見を友人らに教えてあげよう、皆さんの検討と長寿を祈って!

翻訳者:北村
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Please choose one? | メイン | 長寿の秘訣4>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://eggsennin.blog87.fc2.com/tb.php/789-67ab227e
| メイン |