FC2ブログ
水墨画
- 2009/03/03(Tue) -
水墨画
今朝、今年初めてうぐいすの声を聞いた。いいもんだ。実にいいもんだ。春が来るっていいもんだ。
 
「中国鍼灸院」さんでの会話。
 
ワシ: 「うつ場所によって鍼の種類は変わるんでしょ?」
呉先生 「本にはいろいろ書いてあるネ。最初はそれを勉強することが大事。でも実際には患者さんの状態を見て決めるヨ。地図見ながら車で出かけた時に実際に行ってみると新しい道ができてたりして地図と違うことあるでしょ?地図と現実が違う時は現実に従うネ。それと同じ。いい医者は現実に従う。悪い医者は本に従うヨ」
ワシ: 「なるほどね」
呉先生 「今日はえしぇ蔵にあげたいものがあるヨ」
ワシ: 「お、なんですか?」
呉先生 「水墨画勉強してるて言ったじゃない?」
ワシ: 「ええ」
呉先生 「それで馬を描いてみたヨ」
ワシ: 「は?これ先生が描いたんですか?」
呉先生 「まだ下手くそネ。上手になったらまたあげるヨ」
ワシ: 「いやいやいやいや、十分ですよ!めちゃめちゃすごいですよ!」
呉先生 「よかった」
ワシ: 「うわー、本当にすごいですよ。額に入れて家宝にします!」
 
すごすぎる・・・落款入りだし。「蔵先生笑納」と添え書きもある。あぁ感動・・・。(呉先生、ありがとうございました!)
 
今日も漢詩を頂いた。
 
「亡羊補牢」
 
呉 炳宇
 
双中無心不為患、 (双中心無くば患にならず)
亡羊補牢尚未遅。 (羊亡くして牢補うは尚遅からず)
火心空時火更旺、 (火心空の時は火更にさかんとなり)
人心為公路不迷。 (人心公の為なら路に迷わず)
 
中が二つあっても心なければ患にならない(中が二つだと串になり複数の喜びを意味するが心がつくと患になってしまう)
羊がいなくなっても柵を修理するのは遅くない(次に備えることになるから)
火の心を空にしておくと火は更に燃える(焚き火で薪を積む時に中心を空洞にすると火はよく燃える)
人の心は公の為にあるなら路に迷わず(自分のことばかり考えると迷うがみんなのために考えると迷わない)
 
訳:えしぇ蔵
 
「コスモ不動産」さん、「アルファホーム」さん、「ユーキハウス」さん、「ランドリー・キッチン」さんとまわった。
途中、少し時間があったので源氏物語を読んでいたら熟睡していた。どうしてこう眠いんだろう? 
 
「馬」
 馬

いななきも 聞こえくるかな 墨の馬
この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<腫瘍も少しずつ小さくなり | メイン | ご長寿の秘訣?>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://eggsennin.blog87.fc2.com/tb.php/85-466a88e5
| メイン |