FC2ブログ
「無災」
- 2009/05/05(Tue) -
2009年05月04日 | Weblog連休中に裏庭の草取りをしておこうと昨日3時間半も頑張ったらさすがに今日は腰が痛い。なのでお出かけ前にまずは「中国鍼灸院」さんへ。呉先生に鍼をうってもらうと腰の痛みがあれ?っと思うくらい楽になるから不思議だ。
今日は詩を2首頂いた。
 
「自知」
 
呉 炳宇
 
随遇而安和為貴、(遇うに随へば安らかに和を貴しと為す)
自知者明真英雄。(自らをよく知る者は真の英雄なり)
欲大力小業必敗、(欲大きくして力小さきものの業は必ず敗れる)
過貪古今誰善終。(貪に過ぎて古今に誰が善く終わらんか)
 
どんな境遇においても心安らかにし、和を大事にする
自分のことをよく知る者が真の英雄である
欲が深くて力のない者のすることは必ず失敗する
欲張りな者がいい結末を迎えたことなどない
 
(訳:えしぇ蔵)
 
いいすねぇ。要はどんな状況においても常に心安らかに保ち、自分の力量を知った上で行動することだな。
 
 
「無災」
 
呉 炳宇
 
不羨人有、(人有するものを羨まざれば)
無災高手。(災い高手に無くす)
常想己有、(己の有するものを常に想へば)
安心長久。(心安らかに長久なり)
 
人のものを羨んだりしなければ
災いをうまく防ぐごとができる
自分の持っているものに感謝すれば
心はずっと安らかに保てる
 
(訳:えしぇ蔵)
 
今すでに満たされていることに感謝することを忘れて、もっと欲しがるのが人間の性だな。食べていければいいと思っていたのに実際にそうなるともうちょっと余裕が欲しくなる。余裕が出てくるともう一つ上のランクの生活がしたくなる。そしてさらに上、さらに上・・・。現状に感謝しつつ生きていきたいもんだな。
 
 
腰が治ったところで本日の目的地、小石原へ。連休といえば民陶祭。霧雨の降る中を傘さしてぶらぶらと見て歩いた。ワシは秘かに焼酎を飲むのにいいカップを探していた。ん~これもイマイチ、これもちょっと・・・と物色していると横にいた姫に、「焼酎飲むのを探しよろう?」と言われ、冷や汗たらり・・・なんでわかるとかいな?おそろしーやつだ。
お昼は山菜料理の店「惣助」でワシはとろろめし、姫はだご汁定食。これがうまいんだな。田舎料理っていうのは本当に身体が喜ぶもんだ。しみじみうまかった。
姫は小さいグラタン皿など数枚、ワシは焼酎用のカップをゲットして小石原を後にした。今回は飯塚経由で行ったが、以外に近いので驚いた。これからはこのコースで行くとしよう。
 
夜はキムチチゲ。早速買ってきたカップで焼酎を飲んでいい気分。あ~これからはこれがワシの友達や。
 
「小石原」
 
霧雨の 小石原 これまた一興
 
この記事のURL | 治療法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<「新芽」 | メイン | >>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://eggsennin.blog87.fc2.com/tb.php/92-e25af5bc
| メイン |