FC2ブログ
「新芽」
- 2009/05/19(Tue) -
今週のスタートは「中国鍼灸院」さんで鍼をうってから。今日も詩を2首頂いた。
 
「新芽」
 
呉 炳宇
 
君看枯葉、(君枯葉をみる)
微風徐落、(微風徐に落とす)
新芽又生、(新芽また生きる)
緑緑青青、(緑緑青青)
失之勿追、(これ失いても追うなかれ)
追之難回、(これ追いても回し難し)
窮追不捨、(窮し追いて捨てざるは)
存者也没、(あるものも没す)
恋人物事、(人物事を恋うるは)
亦復如是、(またかくのごとし)
惜今重縁、(今を惜しみて縁を重ねれば)
喜慶双全。(全て喜びとなる)
 
枯葉を見ると
微風が徐々に落としている
そしてまた新しい芽が出てくる
また緑になる また青になる
失ったものを追ってはいけない
追っても戻ってはこない
追い続けてあきらめないなら
今持っているものまで失う
人や物事を恋することも
これと同じ
今を惜しんで縁を重ねれば
全ては喜びになる
 
(訳:えしぇ蔵)
 
呉先生は笹の葉が枯れて落ちるのを見てこの詩を作ったそうな。ご自分でも気に入っておられるとのこと。確かにこれはいい。わかりやすくて奥が深い。これ呉先生に書にしてもらおうかな。飾っておきたい詩や。
 
氣功密傳(2)
 
呉 炳宇
 
両呼一吸、
息正気帰臍。
風巻残雪、
星馳月行斗不移。
 
ワシ: 「先生、これの意味は?」
呉先生: 「両呼一吸は2回はいて1回吸うこと」
ワシ: 「ハーハー、スー」
呉先生: 「そう。前回と逆ネ。1回吸う時は強く吸う。ハーハー、スー!」
ワシ: 「ハーハー、スー!」
呉先生: 「2回はくとからっぽになるから次の1回を強くすうと息が身体の奥のほうまで届くネ」
ワシ: 「なるほど」
呉先生: 「息正気帰臍。強くすった息はへそに届くヨ」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「風巻残雪。風が雪を吹き飛ばすのと同じ。へそに届いた息は悪いもの吹き飛ばすヨ」
ワシ: 「はい」
呉先生: 「星馳月行斗不移。星や月は動いても北斗星は真ん中で動かないネ。へそは人間の中心にあって動かないネ。へそを北斗星に例えてるネ」
ワシ: 「なーるほど!」
 
ハーハー、スー!
 
 
「コスモ不動産」さんにお邪魔した後、筑紫野市の物件を見に行ったがそこでうっかりしてリカちゃんの左前輪を脱輪させてしまった。車体が傾いてなんともお手上げ状態。通りすがりのおっちゃんも「こりゃジャッキで上げてなんかを挟んでせんとダメばい」と言っていた。あ~こりゃ困ったなと思ってるところへ山登りに行くおばちゃんが来て、「向こうの公園に男の人がいっぱいおるけん呼んで来ましょうか?」と言うと返事する間もなくすぐに呼びに行ってくれた。そしてラグビー選手のようなごっつい兄ちゃんを5人ぐらい連れてきてくれて、その人たちが抱えてくれてあっさりと脱出成功。関係各位に鄭重に御礼言上してその場を後にした。ありがたいなぁ。一人で解決できないことも何人か集まれば解決する。思わず学ばされたな。今日受けた恩をどこか別の機会に別の人に返して、それがまわりまわってあの人たちのなんらかの恵みにつながればいいなと思う。
 
「優しさ」
 
名も知らぬ 人より受けし 優しさに
かへすすべなく 見送る背中
 
この記事のURL | 健康法 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<”気”を戴いて | メイン | 「無災」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://eggsennin.blog87.fc2.com/tb.php/93-a3bc1f38
| メイン |